都立の換算内申時に実技が二倍。

生徒は喜んでいるが、どんどん学力を低下させるシステムとしか
思えないのは私だけだろうか?

 都立上位校は別としてますます私立との差は開く一方だろう。

今年の高3でも、都立の生徒、えっそれも知らないの!ということが
多々あった。

「英語はもう使わないからいい」「いやいや大学になっても
英語はありますよ」という言葉に「げっ」ラインの返事にも「あざす」
とか「うげ」とか返ってくる世の中。

 大学生になってもまともな日本語も話せず、英語の論文も読めない
人が増えると思うとぞっとする。

「未曾有」が読めない、北方領土を知らない大臣を出す国だから
仕方がないかと換算内申を計算しながら思う毎日です。


すごいでしょ 実技がいいんだ これならば きっと受かるよ 都立入試