夏期講習で忙しいところに割り込んだ高三生。ま、これも自業自得、中3で付き合ったんだから仕方がないと引き受けました。

中3は午後4時から9時、下手をすると5時間教えなければならないので、朝10時から3時間することにしました。ところが・・・

必ず一人は時間には来ない、来たと思ったら制服。「まさか学校あるのに来たの?」と聞くと「いやあ、これ普段着なんですよ」の答え。

どうやら制服は普段着のようです。


 「受験は朝なんだから早く起きたほうがいいよ」の私の言葉に「そのときになればおきますから大丈夫ですよ」


新しい生徒だったら秋からお断りするのですが元中3じゃね。おまけに最後の言葉、

「まあ、夏は適当にして、秋からがんばりましょう、ボス」

 誰ががんばるんじゃ!!!

 甘く見て 最後になると 泣きを見る いつものことだ 変わらぬ生徒