桜も満開を迎え、なんだか浮き浮きした気分です。今日は朝からお昼までの授業を終え、

塾の階段をとんとんと下りると、生徒とばったり。お母様も弟も一緒です。

塾に来るときと違い、リュックを背負い、帽子をかぶった6年生はしっかりした様子です。

ご実家へ行かれるそうで、おじい様、おばあ様、さぞかし待ち遠しい事でしょう。

 核家族が多い今日、年寄り(じゃないですよね、きっとお若いのでしょうね)とすごす時間は

貴重なものです。楽しい里帰りを・・・



 願わくは 花のもとにて 春しなむ その如月の 望月のころ
                            西行法師