塾のD教室の窓、空気の入れ替えのために5センチぐらい開けてあります。

ところが火曜日窓をそのままにして帰りました。さあ、大変!水曜日のあの大雨です。

D教室木曜日使わなかったので、昨日行ってみると、吹き込んだ雨で窓際においてあったテキストはびしょびしょ。

まさか!という状態になっていました。

 そのうえ、私たちがかつて合宿に行っていた鬼怒川は大変なことになってしまいましたね。

サル山のロープワイも土砂崩れ、サルたちもさぞかし怖かったと思います。

あそこのサル山はサルたちがいるところが自然そのままに広く、私たち人間はその中の金網の中を歩くようになっていたので、きっとサルは大丈夫だったでしょう。
 

おまけに今朝はすごい地震、自然の脅威にはわれわれ人間は勝てませんよね。


天災は 思わぬときに 襲い来る 普段の対策 負けない心