昨日のタイの授業のこと、いつものように生徒が

「学校の授業聞いてもいいですか?」と言ってきました。


国語の授業が終わってからやると何時になるかわからないので、急遽算数に。


「じゃあ、ラインで問題送ってくれる?」と頼みました。


なんと送られてきた問題は英語、角度の問題です。


三角定規のそれぞれの角を書きましょう。これは楽勝です。


次の問題はよく読むと、分度器を使って問題を解きましょう。


仕方がないので教室に戻り、分度器を持ってきました。


「これでしょう?」という私の言葉に

「はい、これです」と分度器を見せてくれました。


「じゃあ、測ってごらん」


「えーどうやるんですか!」


えーと、一瞬詰まりました。


仕方がないのでノートに三角形を書き、

分度器をその上に当てて丸い分度器の絵を。


線を描きこうやって図ればいいよといったのですが、わからない様子。


パソコンからカメラをはずし、図の上にかざし、

分度器を置いて測るスタイルを。


「やってみます」といった後に、「先生も測ってください」

ラインで送られてきた三角形を測りましたが、

ラインで送られてきたものを測りましたが、怪しいものです。


やっぱりこれは苦労しますね!


見えないよ カメラで写すの 大変だ やっぱりこれは 数学講師だ