秋分の日以降買ってくれた元塾生や友達から感想が。友達からは面白い!ワクワクする。

次はどうなるんだろう、など。


何と元生徒から素晴らしい書評をもらいました。


一部紹介しますね。

「読みながら昔のことを思い出し、まるで歴史の副読本を読んでいるかのような気分になりました。
中2から約6年間在籍させていただきましたが、初めて文教学院の扉をあけてもう10年になるのかと感じました。」から始まり今の自分の立場も書いてくれました。中略
最後に教師として教壇に立っている彼からのメッセージが。「今の自分に対して、この本は色々かんがえ、感じさせるものとなりました。ボスの最後の教えだと思っておきます(笑)」

何より感じたのは、何時の間にかみんな素晴らしい大人になっている。

人のことを考え有意義な人生を歩んでいるという事です。教師冥利につきます。
どうかブログを読んだ元講師、生徒の皆さん、是非連絡ください。

bunkyokiriyama(○)gmail.com 私のアドレスです。
※ (○)は@です。